ここどこやねん(笑)

みなさん、こんにちは。

日ごろ街を歩いていると、駅前や住宅街などで、看板屋が手描きしたような周辺案内図を目にすることがありませんか?

今のご時世、Google mapという便利なものがあるので、だいたいそれで事足りるのですが、私は手描きの案内図を見かけると、つい立ち止まって見てしまいます。

手描きの案内図って、簡略に描かれているものが多いので、正確な場所がわかりにくかったりすることもありますが、周辺にあるお店や観光地などが書き込まれていたりして、目印になったりするので、はじめて立ち寄った場所などでは、意外と役に立つものです。

と、手描きの案内図を褒めようと思ったのに、先日奈良方面に出かけた時に、とんでもなく大雑把な手描きの周辺案内図をみつけてしまいました。

では、どれくらい大雑把かというと、「現在地」と書かれた場所、ようは案内図のある場所ですが、実際にはその目の前を国道が通っているにもかかわらず、そういったものが一切書き込まれていない、というかなりヅボラなレベル(笑)

唯一、周辺の情景と合致するもので、案内図にも描かれているのは、「現在地」の文字の少し上の方に描かれたJR和歌山線の線路くらい。

ただ、そこには北宇智駅という駅があるのに、その名前すら書かれていないありさま。

しかも案内図の回りに書かれている広告のお店は、廃業していて、今は営業していないところばかり。

とんでもなく不親切な周辺案内図となっております(笑)

みなさんがこの案内図のある場所に来られることはまずないと思いますが、ご自宅や出かけた先などに手描きの周辺案内図があれば、一度じっくり眺めて見てください。

何か面白いことが発見出来るかもしれませんよ。

それでは本日はこのあたりで失礼いたします。