友達の妊娠報告が苦しかった私が、友達の妊娠に嬉し涙を流せたわけ

こんにちは!

頑張らなくてもうまくいく

妊活アドバイザー竹川有貴です。

今度の日曜で受付終了!

私にぴったりの妊活がわかる!個別カウンセリング&体験カラダケア

ご予約詳細はコチラ

残り3名です。

私が妊活中

上がったり下がったり不安定な気持ちの中でも

一番コントロールに苦労したのが

友達や同じ職場の女性の妊娠報告!!!!

同じ妊活中でも

ちょっと心がざわっとする程度の人もいるだろうし

トイレに駆け込んで泣きたいくらいの人もいると思います。

私自身

妊活がうまくいかない期間が長くなればなるほど

この凹み度合がどんどん強くなっていったんですよね。

最初のうちは心から祝福出来てた。

でもその回数が多くなっていくにつれて

だんだんと周りの人達から

置いて行かれているような孤独感とか

自分が女性として母親になれてないなことへの

劣等感とか自信喪失とか

そんなドロドロ黒い感情が入り乱れてしまって

どうしても素直に人の嬉しい気持ちに共感出来ない自分がいました。

こんなに頑張ってるのにどうして

って泣きました。何度も。

でも同じ妊活中のある友達と仲良くなったことをきっかけに

そんな私の暗黒な感情はいつのまにか消えていったんです。

無理矢理、どうにかしようとトレーニングしたんじゃなくて

本当にいつのまにか。

その友達と何をしたか、っていうと

妊活を一緒に頑張っただけじゃなくて

一緒に思いっきり楽しいことをしたんです。

カラオケに行って思いっきり歌うことを楽しむ。

買い物に行って好きな服買って、ケーキを食べる。

バーに行ってお酒を飲みながら思いっきり思うまま心のまま話をする。

エゴラッピンのライブに行ったこともあったなー。

もちろん妊活中って色やれないこともあります。

例えば

お酒は妊娠率を下げてしまうので、量も回数もあまり多くは出来なかったり。

でも、たまにお酒を飲みに行った時に

お酒を楽しむってよりは、

ほろ酔いでお互いの思いのたけをひたすら話すのが

すごくすごく楽しくて。

職場の話やら、旦那の話やら、

未来の子供どう育てたい?みたいな話やら。

(完全にモーソーw)

そんな時間を過ごした後は

1人で中途半端なストレス発散をしていた時よりも

何十倍も気分が違ってたんです。

帰り道、

うつうつとしたネガティブな私じゃなくて

また前を向いて頑張るか、明日から!

みたいな自分だったんですよね。

そんな時

本当ありがとう、って

その友達の存在に心底感謝している自分がいました。

1人だと

ストレス発散のためのケーキを食べても

食べるって行為が終わったらまた現実に戻されて

何だか超短時間な中途半端なストレス解消で。

今考えたら

その友達と楽しい時間を共有している時

ストレス発散のための

カラオケ

ライブ

ショッピング

ケーキ

お酒

じゃなくて

その時間そのものを楽しんでいたんですね。

これが

本当に自分を取り戻せたんです!

そして本来の自分を取り戻す時間が増えていくにつれて

気が付くと

他人の妊娠にモヤモヤする私が消えていきました。

そしたら

自己嫌悪も激減!

マイペースに妊活を進めていくことが出来たんです。

その友達が先に妊娠した時

涙を流して一緒に喜ぶ私がいました。

友達の妊娠報告で悲しくなってトイレに駆け込んで涙を流していた私が

友達の妊娠報告で嬉しくて涙を流すようになっていたんです。

そしてその半年後

私もついに第一子を妊娠。

妊活って

自分らしくマイペースに出来るかどうかが

本当に大事。

これが出来てないと

努力しても身体が前に進めないから。

女性の身体と心はつながっている

ありふれたフレーズだけど

これが妊活には一番、出ます。

この私のエピソード、

自分の妊活の形を見つめなおすきっかけになれば、と

妊活のご相談を受けた時よくお話するんです。

がむしゃらにボロボロになるのが妊活の正解ではないってこと。

いっぱい泣くのが妊活の正解ではないってこと。

ぜひ

ありのままの自分で自分らしい妊活を進めていきましょうね!!